読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kunmo’s diary

オナ禁日記 ~目指せ!「ハイスペック」~

リセット (記録は5日)   リセットの考察

禁欲 ライフスタイル 自己管理

オナ禁(リセット)

 

 はいイキマシタ。

 女優は白咲碧でした。NAKADASHIでした。

 

 あれですよ。べつに性癖を晒して喜ぶ変態じゃないんですよ。

 

 では賢者タイムの反省を。

 記録は5日。前回の4日より一日多いのでまあ前進ですね。

 

 

「ちょ、5日で前進かよ」と思った人、

 

 何となく察してる方もいるかもですが、

 今の僕のスタンスは「自身の行為は全肯定」です。

 

 この結果も、

「はぁー、これだからモテないんだな」と思うのと、

「前回より一日前進!」ととらえるのとではかなり違ってきます。

 

 自分の行いを全肯定してあげる。

 実は幸せへの第一歩なのかなとか考えてます。

 

 

 

 では、今回リセットにいたった要因について

 

 

 前提として、迷える童貞の僕は「モテたい」という願望が強いです。

 もちろん今も、そしてこれからも。

 

 さらに基本自宅学習の僕にはそもそも学校や職場といった出会いの場におかれていません。

 そして受験生であることのプレッシャー(今は出会いを探している場合ではない) 

 

 それでも「オナ禁をするのはモテるため」と考えている僕の頭は、どんどん女の子のことでいっぱいになっていきます。

 でもチャレンジできる環境にいない自分。大学に行ってからと言い聞かせても、荒れ狂う童貞は叫び始めます。

 

 

 今回の失敗は「モテたい」で頭がいっぱいになってしまったからと考察しました

 

 もっというと「モテるためにオナ禁をしていたから」といえます。

 

 普通の暮らしならそれでいいんです。ですが僕は女の子と出会える環境にいない。

 ・・・・・・AV女優を除いて。

 

 そういうことです。

 

 

 反省として、短期的に目標を変更します。

 

目標1 : 睡眠時間を削り、受験勉強の時間を増やし「高専やめて高校の受験向け

     勉強を一年しかできなかったから」と言い訳をしない。センターで8~9割

     をとる。

 

目標2 : オナ禁の習慣を身に着け、自信をつける。

      このブログで自慢できるくらい続ける。

 

目標3 : このブログのテーマの通り目標は「ハイスペック人間」

      大学でフィーバー×優等生できるように準備

 

 

 ルールも改訂します。

 

ルール1 : 前回の記録を下回ってはならない。破っても嘘はつかない

 

ルール2 : もちろんエロも禁止。夢精はノーカン

 

ルール3 : オナ禁だけではモテるはずもないので、受験が終わるまでは筋トレも

      並行して行う。

 

ルール4 : 夜8時以降はネットから離れる。

 

 

 

 

 

 

 

下ネタ語録

 

 はい。今日新設しますこのコーナー。

 

 というのもこのブログの最初の記事に「マジメになり過ぎないこと」がありますが、

まさにその通りで性にマジメな人ほどオナニーを「悪いこと」「恥ずかしいこと」

と捉えて負のスパイラルに落ちていくのではないのでしょうか。

 

 僕のオナ禁ポリシー(造語です)の一つ

 

性を楽しもう、下ネタを楽しもう!

 

 これは「下ネタという概念が存在しない退屈な世界」(ガガガ文庫赤城大空霜月えいと)を読んで思ったことです。ラノベですね、アニメもあるらしい。

 

 それまで僕はオナニーにコンプレックスをもっていたので性的な話題に後ろめたさを感じることも少なくありませんでした。

 

 ところがこの本、冒頭からぶっとばしてきました。

「おっち●ぽおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」

 

 読み進めていくうちに、うむむと唸らされるようなハイレベルのものや主人公らの駆け引きで吹き出してしまうときも。

 

 僕は思いました。

「下ネタって面白いな。もっと楽しんでもいいんだ」と。

 

 今のところだけ抜き出すと作者さんに失礼なのでフォローしときます。

 

 舞台は〈公序良俗健全育成法〉によって性的な表現が一切禁止されている近未来の日本。「ちんこ」と呟けば速攻逮捕からの懲役刑の潔癖すぎる世界。

 そんな社会を変えるべく立ち上がった少年・少女。下ネタテロをひきおこす「ペロリスト」として今日も下ネタという概念の存在しない退屈な世界と戦うのである。

 

 キャラはいろいろ頭がおかしいのばかりですが(それが魅力w)、メインのストーリーはしっかりしていました。正直な感想は「おもしろい。つーかこれ出版できるんだ……」でした。

 

 

 

 では記念すべき第一回。なおネットの情報なので間違っていたらごめんなさい。

 

 

「『シンポジウム』って言葉の響きがエロイよね。あと、『スタンディングオベーション』もなんかやらしい感じがするよね」

 

「大好きな子が隣にいて、授業中にフル勃起できることって、これを幸せと言わずして何と言うの?」

 

「どんなおっぱいだって、おっぱいなんだから。」

 

                     by  福山雅治

 

 

 

下ネタクイズ

 

 こちらも同じ理由で、男子同士ならウケ狙い。女子相手でも「下ネタスキル」はかかせないかも(空気は読まないとですね)

 

 

 では記念すべき第一問。謎かけです。

 

 アクション映画のスタントマンと掛けまして、AV男優と解きます。

 

 その心は?

 

 

 答えは次の更新で。